2016年11月30日

生キャラメルとキャラメルの違い

一世を風靡した生キャラメルは、北海道の某牧場が発売したことで有名となりました。
それは常温でもとてもやわらかく、口の中に入れれば溶けてしまうほどです。
昔から販売されている一般的なキャラメルと同じような味・風味なのですが、大きく違うのがその食感と言えるでしょう。
一般的なキャラメルと生キャラメルとは何が違うのでしょうか。

それは分量の違いです。
作る際の材料はほぼ同じなのですが、その分量が大きく違うのです。
商品によって若干異なりますが、キャラメルは一般的に砂糖・バター・生クリーム・蜂蜜で作ることができます。
これらを煮詰めることによってキャラメルとなるのですが、生キャラメルの場合はバターと生クリームの分量がとても多いのが特徴です。
油脂を多めに入れることによって常温でもやわらかい状態を保つことができ、更に乳製品の風味をより一層感じることのできる生キャラメルを作ることができるのです。

ただ欠点とも言えるのが、乳製品をふんだんに使っていることから通常のキャラメルよりも日持ちしないという点です。
そのため冷蔵庫での保存はもちろんのこと、なるべく早めに食べてしまわなければなりません。
これらのことから、生キャラメル作りに大切なのは乳製品の質の良さと言っても過言ではありません。
そのため様々な牧場や乳製品を扱う企業において商品の開発が行われています。
今までにない食感・風味が爆発的な人気を集め、今日でも多くの人から愛されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です