2017年1月31日

キャラメルと生キャラメル

生キャラメルというお菓子を知っているでしょうか。
また似たような名前のお菓子でキャラメルというものがありますが、生キャラメルとキャラメルの違いはどこにあるのでしょうか。
この記事では生キャラメルというお菓子についてキャラメルとの関連を中心に解説していきます。

まずキャラメルというお菓子について簡単に説明します。
キャラメルとは、砂糖、牛乳、バターなどの材料を煮詰め、冷やし固めて作るやわらかい飴菓子で、歯にくっつくような食感が特徴です。
材料を130度前後で煮詰めながらかき混ぜ、型に流し込んで冷やし固めたあと、小さく切ります。
また、材料には砂糖の代わりに水飴やはちみつ、牛乳の代わりに練乳などが使われることもあります。
近年では、地域の特産物などを使用した様々なフレーバーのキャラメルが製造され、お土産用などとして販売されています。
さらに、ケーキやポップコーンなどのお菓子の味付けにキャラメルを使用するような場合もあります。

そして、このキャラメルに生クリームを加えて作るお菓子が生キャラメルです。
材料を100度前後で加熱しながらソース状になるまでかき混ぜ、型に流し込んで冷やし固めたあと、切り分けます。
生クリームを多く使用するため、溶けるような柔らかい食感と甘さが特徴的です。
また、材料にマンゴーやいちご、オレンジなどを加えて作られるものもあります。
さらに、例えばアイスクリームなど、生キャラメルを材料に使用したスイーツもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です